米ぬか化粧品に白羽の矢を立てる

先月結婚式があって、久しぶりに学生時代の友人が勢揃い。全員揃うなんて五年ぶりの事。

二十代から三十代へ変わるタイミングだから、この時間は大きい。衰えが進行中といったところ。米ぬか化粧品をひそかに使い始めたのは、なんとか時の流れを感じさせないようにする為。

最近やけに肌の元気がなく、クタビレてる感じ。さすがにこれじゃぁ、何か老けたねって言われそうと思ったから、米ぬか化粧品に白羽の矢を立てたわけ。

すごく綺麗になるって噂を耳にして、興味半分もあったんだけどね。注文して届いたやつを使ってみると、ほんのり香りがするんだね。

想定してはいなかったから、ちょっとビックリ。まぁ嫌いじゃない匂いで助かった。

んで、米ぬか化粧品を使っての結果は、私にはバッチリ合ってたらしく、肌がすこぶる快調。

元気を取り戻して、なおかつ白くなりつつある。米ぬか化粧品のおかげで、エイジケア度、同世代中ナンバーワンでした。羨ましがられるとは、あー快感。

おっちょこちょい的な役

西島秀俊主演ドラマ「無痛」。撮り貯めしておいた4話分を、まとめて視聴。ほんの数秒見ただけで、何の病気か分かっちゃう。

それだけではなく、これから犯罪に手を染める兆候(犯因症)が見られる人も見抜いちゃう力を、持っている医者役である。

同じ能力を持つ医者役に伊藤英明、犯因症が見られる熱血漢の刑事役に、伊藤淳史がキャストに組まれ、ミステリー要素たっぷりのストーリーは、なかなか目が離せない注目のドラマになりそうだ。

ネットニュースでは「熱血漢」に伊藤淳史は、ミスキャストと叩かれていたが、私はそうは思わない。

たしかに「電車男」や「チームバチスタ」など、おっちょこちょい的な役を演じることが多い彼だが、ハマリ役ばかり演じていては、評価も実力も上がらない。

ここは新境地を切り開いた点を、評価したいところ。それにしても伊藤英明は、うさんくさい役をやらせた方が、しっくり来るのは私だけだろうか・・・。

ジャンバリTVがめっちゃ好き

絶対、ジャンバリTVを見る!「ちょっと...悪りぃけど。私はね、欠かさず見る番組がある。邪魔は許せぬ」生放送と、どっちが優先順位上か。

「何?先約以上に優先されっものありと?先輩をたてろ!」いくら同じ部活の先輩でも、此処は皆の寮。独占する権限ねー筈!

ジャンバリTV、一緒に楽しも。「お前は、不義理な奴め。毎回部で世話してる恩、忘れたか?誰がおめぇの尻拭いを」

むー。そりゃお世話は、多々ありですけど正直、過去は過去。問題すりかえ禁止!ジャンバリTV、とても有意義?

「ただのギャンブル番組だろ」ギャンブル、最高!駄目?「駄目だ。つーか、女子大生が毎週楽しみに視聴しそーな、枠じゃねーぞ」人それぞれよ、あたしゃこの番組の為、生きとるよーなもん。

「そこまでか?った、凄いね、色々」意味深なセリフ言われる。「けど、ジャンバリTVの満天パチランド テレビ埼玉...何故執念を?」色々と理由がなぁ。

ま、ちょっとやそっとじゃ、語り尽くせぬ程。「へー」興味ゼロか、話題ふっときながら。